GIGAスクール情報

◆2022年6月20日(月曜日)

タブレットを上手に活用する子どもたち

6月20日(月)

各教室へ足を運ぶと、タブレットが文房具として自然な形で活用されているようすが分かります。

2年生の学級では、加法による繰り上がりについて、ワークシート上の硬貨のイラストを上手に操作して仲間に説明をしていました。「わかりやすい」「なるほど」などの声が教室に響いていました。個々の試行錯誤を手助けしたり、個々の考えを学級全体に共有する際にタブレット端末は大きな力になることが改めて分かります。

6年生の学級では、読み物資料を使った道徳で、登場人物の行為についての善し悪しを「思考ツール(座標軸)」上で個々が位置づけて、そう位置づけた理由をグループで協議していました。子どもたちは仲間と語り合う中で、始めに座標軸に位置づけた登場人物の行為の善し悪しを変えていました。友と語り合う中で、その子のもつ道徳的な価値観が広がるなどした現れだと捉えられます。自分の考えと他者の考えのズレを顕在化させ、追究の意欲を生み出すことにもタブレット端末は大きな力となっています。

IMG_6541 IMG_6542